ブログの内部アクセスと外部アクセスの大きな違い

斎藤です。

 

本日はブログにアクセスを集める…と言うテーマで
記事書きますね^^

アクセス

アクセスを掴み取るコツが
分かればどの分野のネットビジネスでも
収入を増やす事ができるようになります。

 

つまりアクセスアップを極めれば
ネットで稼ぐのに苦労しない…と言う事です。

 

ネットビジネス全て共通して
言える事は、
「アクセスなくしてはお金にならない」と言うところです。

 

とは言っても、もちろんブログやサイトの更新を
しながら儲けている人も居れば
反面、なかなかブログやサイトの
更新をし続けても儲からない…と言う人も
居る筈です。

 

そこでブログには、アクセスを集める方法が
大きくわけで3つあります。

 

ブログにアクセスを集める3つの方法

 

1つ目は検索エンジン経由のアクセス。
キーワードの選定や質の高いコンテンツを作り
検索エンジンに評価されながらアクセスを集めると言う
一番定番な方法です。

 

2つ目は、外部からのアクセス誘導です。
これはSNS ツイッターやフェイスブック、そして
集客用のブログなど外部サイトからのアクセスです。

 

そして
3つ目は内部アクセスです。

例えばアクセスランキングだったり
ブログ内での新着記事だったり
ブログ内検索。

そして ナイスとかイイネ などの機能や
ブログの読者登録をしてリターンアクセスを
見込む方法などがあります。

 

 

内部アクセスと外部アクセスについて

 

そして大まかに外部アクセスはSNSなどを使う場合以外では
誘導用のブログにしても外部アクセス主体のものは
キーワードやコンテンツの質、つまり情報量などで
評価されて検索エンジンからのアクセスの増加が左右されます。

 

その反面、ご存知のようにSNSやフェイスブックなどは
ほぼ検索エンジンを無視した形で内部の世界だけの
アクセスとなります。

 

検索エンジンはネット全体
SNSなどはそれぞれサービス全体を
対象としたアクセスとなる訳です。

 

正直言うとどっちが集めやすいかも意見は
ピンキリですが、どちらかと言うと作業量に比例して
アクセスが集めやすいのは内部アクセス。

 

つまり、検索エンジンからアクセスを集めるよりも
それぞれSNSなどの内部アクセスで行動する方が
「ある程度、作業量に比例する」という傾向があるのです。

 

検索エンジン経由のアクセスも
作業量に比例はしますが空回りするケースが
非常に多く、「ブログやっててもアクセスが無いからやめた」と言う
ケースの大半は、まさにこれです。

 

文章構成
文章の質
記事コンテンツとキーワード
他のサイトからの評価

などなど様々な要因があります。

 

これらの要素を満たしつつ
確実にアクセスを集めると言う事が
一番の難関になっている人が多いようです。

 

そこで今回紹介するのが
アメブロのようなブログサービス。

 

内部アクセスとして読者登録に加えペタという行動を
起こして、自分のアクションをアクセスに変換すると言う方法です。

 

簡単に言えば足跡みたいなものですね。

 

逆アクセスを狙う・・・と言うと
分かり易いと思います。

 

いずれにしてもアメブロの場合は
内部アクセスに強いサイトですし
検索エンジンにも強いと評判です。

 

ただアフィリエイトやメルマガの読者収集などは
基本的には禁止です。
現在は少し取り締まりも緩くなっていますけどね^^

 

 

内部アクセスと言うと、ブログサービスの新着記事や
ランキング、コメントなどによる
ブログサービスやブログサービス内の
ブログからのアクセスを狙うと言う方法です。

 

まあこれを追及するとちょっと
裏ワザみたいな感じになってしまうんですが
ただ、検索エンジンのようにシビアでもなく
検索エンジン経由でアクセスを集められない人でも
この手のブログ内でのアクセスアップと言うと
結構集められたりするんですよね^^

 

ここでのポイントは、
そのサービスの利用者数。

 

少人数しか利用してないようなサービスでは到底難しいですが

多くのユーザーが利用しているサービスであれば、

大きな成果を期待できます。

 

これはツイッターやフェイスブックを
見れば分かる話ですよね^^

 

つい先日も少し紹介した、クルーズブログのノウハウ
CROOZアフィリエイトの成功法則 これなんかが
結構良い例ですね。

 

以前にも色々とCROOZブログのノウハウが
存在していましたがクルーズブログでの
アクセスアップと言うのは、大体は、ほぼどれも似た感じです。

(一つも知らない・・・と言う人は一度目を通すべきです。)

 

ただクルーズブログそのものが
ユーザーも多くアクセスが集め易く結果も
出し易い・・・と言うのは、まさに内部アクセス。

 

検索エンジンからのアクセスを集める
通常ブログ戦略で、キーワードやコンテンツの質で
頭を痛めている人からすれば
アクセスの集め易い・・・と感じる人が結構多かったりするのも
作業量に比例してアクセスを増やし易いと言うのが
一つなんでしょうね^^

 

ここでお伝えしたいのは
ブログやサイトの使い分けです。

 

僕は内部だけとか外部だけとかと違って
メインのサイトやブログを構築したなら
様々な場所からのアクセスを狙う事を
考えて欲しいところです。

 

必要に応じて検索エンジン主体のアクセスに

力を入れたり、内部アクセスに力を入れたり・・・

それぞれ必要に応じて力を入れるという感じです。

 

例えば検索エンジンからのアクセスが
集まるのに四苦八苦しているなら
諦めず継続して(もともとすぐに集まると言うものではないので・・・)
こういった内部アクセスの強いサイトも
運営しつつ少しでも早くアクセスと報酬を増やしながら
検索エンジンからのアクセスも狙っていく…と言う
スタンスですね。

 

つまり一つの事だけに囚われないと言う事です。

 

検索エンジンからのアクセスが伸びず
苦しんでいるなら内部アクセスも考えて
アメブロやクルーズブログといった
内部のアクセスを増やす手法も学んで
自分の提示したい世界につなげる…といったイメージですね^^

 

ちょっと考えてみてくださいね。

では、斎藤でした。

 

関連した記事はこちら

NEW!
CROOZアフィリエイトの成功法則とは?

検索エンジン+アメブロへのアクセスアップツール

フォローマティックXYのレビュー

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人 斉藤

ブログの人

このページの先頭へ