アマゾン海外輸出 便利ツール「amazon Resale Tool」

斎藤です。
本日はアマゾンの輸出に関して幾つか
質問が届いてるので少し書いてみました。

海外輸出転売

アマゾンの海外輸出について

 

国内で転売するものを
海外から仕入れると言うのは
定番になってきましたが
輸出となると少し壁を持っている人が
多いようです。

 

その反面、定番化しているものの
まだまだ国内転売と比較すれば
ライバルが少ないと言う部分もある意味
魅力かもしれません。

 

例えばアメリカのアマゾンで出品する場合だと
代金の受け取り口座などがアメリカに必要なのですが
これに関しては、海外にぺイオニアと言うサイトがあり
これを活用すれば国内に居ながら簡単な手続きで
受け取り口座の開設ができて、尚且つ、
国内のATMでもお金をおろす事ができます。

 

まあ言語の壁はありますが

今では翻訳サイトなどもありますからね^^

 

アマゾン輸出のポイントと便利ツール

 

手続き関係に関しては
簡単に誰でも可能ですが問題は売る商品などの
選定ですよね^^

 

実は先日にも少し紹介したのですが
こちらのアマゾンの副業ツールというもの。

 

名前は超胡散臭さを感じるわけですが……

副業ツール

販売ページはこちら⇒amazon Resale Tool

 

海外輸出で売れる物を探す手順は
ほぼ国内と同じです。

 

ただ、フランスやイギリスなどの海外アマゾンは、
相場と言うか実際の流動価格の
データー取得が困難なのが痛いところです。

 

そこで今回はアマゾンの海外輸出に役立つツールと言う事で

amazon Resale Toolというもので説明しようと思います^^

 

ツールに関してはこちら⇒amazon Resale Tool 

ここでも書いたのですが少し見てみましょう。

ツールにログインして3DSで調べると、

例えば3DSの日本では21480円です。

image1410

これはフランスでの価格ですが

大体、1万円程高く売られていると言う感じですね。

出品されている商品を一覧表示するとこんな感じです。

image1409

もちろん細かい手数料などを

考えれば大きな利益と言う事は

ありませんが少なからず、売れれば利益になる…

という事は間違いなさそうです。

 

一つずつアマゾン価格のリサーチなんか

やっているとしんどいので、何かツールを

使うのがベストだと思いますが……

 

今回のツールに関しては、このように価格によって

★印でおおよそ分かるようになっています。

アマゾン狙い目

あとはランクですね。

このランクも高い方が良いわけです。
-線が入ってると言う事は売れた
データーが無いという事でしょう。

 

この辺の説明もあんまりないのですが
星印が多くてランクが高いものが狙い目って事ですね^^

 

注意しておきたい事は、

利益率、価格差の良いものを選ぶことは当然ですが

あまりにも安い商品ですと、配送料が

利益を上回ってしまいます。

利益率も重要ですが価格差を確認して出品をしないと
いけないという事です。

 

いずれにしても国内アマゾンと海外アマゾンのデーターを
キーワード毎に表示して計算しているだけなので、
海外アマゾンよりも国内で高く販売されている
商品と言うのも確認できます。

詳しくはこちら

amazon輸出副業ツール「amazon Resale Tool」

 

転売系は、多少なりともお金が必要になりますが

アフィリエイトより、結果を出すのは早いです。

 

例えば転売活動を実際に記事にしたりとかすると
面白い情報発信できますからね。

せどらー最終バージョン

セドリームのレビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人 斉藤

ブログの人

このページの先頭へ